冬のコメダ珈琲 小豆小町 今年は3種類でほっと一息 

今年もやってきました
コメダ珈琲店、冬の新定番 「葵」

ホットドリンクの中に、小倉のあんが入った
「小豆小町」が、今年は3種類にバージョンアップ!

寒い冬 コーヒーだけでなく
小豆のパワーも頂いちゃいましょう~
お腹も 心も ほっかほかです

菫(すみれ) 480円(税込) 
小豆+ミルク。ミルクの優しさに落ち着きます
桜(さくら) 480円(税込) 
小豆+ミルクティ。茶葉の香と渋みとまろやかさ
葵(あおい) 480円(税込) 
小豆+珈琲 苦みとまろやかな甘さ

%e5%b0%8f%e8%b1%862

新商品・キャンペーン | 珈琲所コメダ珈琲店
http://www.komeda.co.jp/info/campaign.php#id_1059

「桜」「菫」「葵」の三種があり、それぞれ特徴が異なるようです。


ホットミルクに一見えますが かき混ぜていくと
底からあんこが・・・
菫はミルクとあんこを合わしたホットドリンクで
ミルクの優しい甘さとあんこの甘さがベストパートナー
飲み物としてはかなり甘めですが ちょっと甘みが欲しい時や小腹が空いた時は
丁度いい感じです
大きめのコーヒーなのでもかなり満足感があるようです


温かいミルクティーとあんこを合わせた飲み物です
茶葉の香りと上品なあんこの甘さが格別です
底の方にはたっぷりと小豆があります
それでも茶葉の香が負けないくらい 香がたちますので
最後の一滴まで美味しく頂けます


去年(2015年)から登場した葵
コーヒーはやや苦み感がありますが 菫や桜よりもあんこがたっぷり入っているようです
菫はまろやかなミルクで 桜は香りたつ紅茶とマッチしていますが
葵は苦みのあるコーヒー混じり合い 甘みと苦いのバランスがとても良いです

小豆の効能

① 利尿作用とむくみ解消効果
小豆の外皮に利尿や便通を促進するサポニンという成分が含まれているからです
ビタミンB1不足からくる、だるさやむくみには、小豆を煮て食べます。
1回の量は50gほどで、毎日食べ続けると、しだいにむくみやだるさが改善されます

② 小豆のはれもの改善効果
皮膚にはれものが生じた時は小豆の粉を大根のおろし汁でねって、布などにのばして患部に貼ります。
③ 疲労回復効果
ビタミンB1の豊富な小豆は、筋肉の中に疲労物質がたまることを防ぐ働きがあります。
筋肉を使って疲れたとき、また筋肉痛や肩こりのあるとき、小豆を食べると効果的です

家でみんなで温まるなら海鮮鍋です
醤油ベースのタレに魚介のダシがたっぷりと出た抜群の海鮮鍋です
ご自宅でも ギフト用でもOKです